進学か就職か迷って結局就職した話

就活したこと無いAdvent Calendarの12/10分の記事.
更新が遅れて申し訳ないです.


就活したこと無いACですが,僕は「就活したことある」し,さらに「就職してます」.
ただ,進学を考えたこともあるということで,そのような迷いを持っている方々の一助になればと思い筆を取らせていただきました.

僕のバックグラウンドは以下のとおりです.

  • 工学部情報学科 画像処理系の研究室に所属
  • 修士卒

僕は修士1回の3月に現在働いている会社から内定をいただきました.
内定先は企業の研究所で,今年の4月から研究員として働いております.

研究職を志した理由.

僕が研究職に興味を持った理由は様々ですが,最初は学部の時に所属していた研究室のスーパー助教や先輩,同期と送った研究生活が思いの外良かったことがあります.研究自体はなかなか納得のいくものにはなりませんでしたが,何よりその尊敬するスーパー助教や博士の先輩が選んだ道という点に興味を持ち始めました.
一方でそのような凄い人々と自分を比較してしまい,「ちょっと興味あるけど俺には無理やわー」と初めから諦めていました.

学部を卒業後,修士課程に進学.大学院では学部の頃と別の研究室に配属されましたが,これが僕が「研究者を目指す」というカードを切る上で大きなターニングポイントとなりました.

その研究室では学生が身震いを覚える楽しいイベント「教授の部屋」が頻繁にありました.教授はそれまで担っていた役職の任期を終え,ちょうど時間のあるタイミングであったため,部屋にいる学生を教授室に呼んで研究のディスカッションに加えて日本や世界の情勢,エネルギー問題など盛りだくさんのお話をみっちり2〜3時間行っていました.研究室在室率が高かった僕はそのイベントに招待されることも多く,修士1回の間はそれはとてもエキサイティングな日々を過ごしていました.


ただ,そのような会話の中で研究職の魅力,さらには教授の持つ膨大な知識やクアッドコアでも積んでいるのかと思うほどの頭の回転の良さに触れ,漠然と研究者になることに対する憧れを持ち始めました.


そして決め手となったのは修士1回生の3月,ある大規模なプロジェクトの最終報告回に参加したことでした.(教授はそのプロジェクトの3本柱の一つの柱長を担っていたため,我々もその報告会に参加しました)そこで見たのは来る未来に起こりうる問題に対し,それを解決するための取り組みの成果を発表する研究者の姿でした.これが僕には最高にカッコよく見え,今まで持っていた漠然とした憧れがクリアになり,ここにいる人たちと同じ道を歩きたいと思うようになりました.

このことから,僕が研究職を選んだ大きな理由は「魅力的な研究者が周囲にたくさんいたから」だと言えるかと思います.

就活の話

僕は冒頭でも書いたように就活もしてます.
研究者になりたいなーという思いがクリアになる前,世間は就活戦線まっただ中だったわけで,さすがに就職はせねばなーと色々なセミナーに顔を出していました.


分野はメーカーからコンサルまで様々でした.が,どれもこれもいまいちピンとこない.やってる仕事の内容で面白そうなものはいくつかあったのですが,何より「この人すげーかっけー」って思える人に全然出会えなかったのが大きかったかと思います.業界によっては直感的に「合わない!」って思うところもありました.加えてわざわざ大阪まで出かけて(キラキラしているらしい)先輩社員のよくわからない話を聞いてトボトボ帰ってきた日にはもう時間を無駄にしたなーという徒労感に襲われることも多々ありました.(ただ,全く異なるバックグラウンドの人の考え方を知るという意味では面白い経験であったと思います.)


で,紆余曲折を経て,仕事の内容も人も興味が惹かれたのがやはり研究所系でした.就活を本格的に始めたのは1月くらいでしたが,2月くらいには研究所系を中心にエントリーシートを書くなりなんやかんやしてました.で,その後3月に件のプロジェクトの報告会があって「やっぱ研究職だ−」いう思いを固め,直後にド本命であった今の研究所に内定をいただいて僕の就活は終了しました.

博士進学の話

で,研究者に興味あるのはわかったけど,なんで就職?博士は行かないの?と思った方,多くおられると思います.もちろんその2択は通過いたしました.

僕は研究者になりたいなーという思いはあったものの,M1の冬で成果と呼べるものがひとつも手元にありませんでした.今思うとそんな状況でよく研究者を志したなーと思います.
知っての通り博士課程は最低3年はかかり,さらに上は天井知らず.M1の冬の段階で目立った成果やテーマが手元にない状態で博士に進学するにはかなり胆力のいるものであることは明らかでした.
さらに僕の両親は晩婚だったため既に退職しているという家庭環境もあり,就職しても研究ができることを考えるとそちらのほうが良いだろうという結論にいたり,就職を選びました.


内定をいただいてからは一層研究にバリバリ取り組むようになり,秋のはじめにはひとつ素敵な成果も出すことができました.おかげで研究者として生きていく自信がほんの少しだけ出ました.ただ,その成果があったがため,「やっぱり博士に進学しておくべきだったかなー」と思うことも多かったです.そこはなんとかマリッジブルー的なものだということで抑えたのですが.

そのような話を教授にちらっとした時,「どこに行くかではなく,そこに行って何をしたかのほうが大切」というお言葉をいただいたのも大きかったかと思います.

社会人ドクターの話

で,結局博士号はどうするの,という疑問もあるかとは思いますが,今のところは社会人ドクターとしてもう一度入学することを考えています.ただ,昨今社会人ドクターとして研究するのは普通に博士課程に進学するよりも何倍も努力が必要であることは事実です.ぞっとします.
(実際に社会人ドクターを体験された方もこのACを書くことになると思うのでその記事を期待したいと思います.)

そのような状況ですが,幸運なことに今はもともと専攻していた分野とほぼ同じ分野の研究ができていますので,ひとまずこの環境で最善を尽くしたいと思っています.


あとがき

以上の経緯で,僕は進学か就職か迷い,結局就職をしました.


何かを選択するというのは本当に難しいですが,結局何がいいのか悪いのかなんて後になってみないとわからないので,しっかり悩んで選んだ後は開き直って頑張るのが良いと思います.僕は頑張ろうと思います.

名前をつけてやる

3月に修了を控えた世の修士2回生はおよそ同じ境遇であることを信じたい。現在絶賛修士論文の執筆中である。論理的に文章を書くことに疲れた今、そのストレスを解消する一つの手段としてこのブログを利用することとする。



先日修士論文の審査願いを事務に提出するというイベントがあった。内容は修士の研究がまとまったから、ぜひとも審査をしてくれ、という内容のものである。その書類には修士論文の題目を記入する部分があり、そこに記入した題目が最終的な修士論文の題目となるために気合を入れて決める必要があった。一生に残る修士論文の題目である。

当然それは教授に一度見てもらわねばならない。当初僕はそれほど重要に考えていなかったために、今まで研究会などで利用していた題目に毛を生やした程度の題目と、もう一つちょっとだけ表現を変えた題目(どちらも個人的にはなかなか良い出来だった)を持って締め切りの前日に教授室のドアを叩いた。

その2つの案を見て、教授は「君の持ってきたこのふたつの題目は全く違う性質を持っていることはわかるね。一つは、そう、例えば子供に『みんなと仲良くして育って欲しい』と願って名付けるか、それとも『みんなと仲良くすることはさておき、とんがった生き方をして欲しい』と願って名付けるかと同じようなものだ。私はどっちがいいかは言わない。君の子供だから君に命名権がある。」と言った。正直どちらも今回の修士研究の内容を適格に表していると思っていたためなかなか決めかねる部分があった。その様子を見かねた教授は「わかった。ではまた明日の朝に聞こう。とりあえず一晩考えてみなさい。」と言ったので、一旦その場を後にしてもう一度考えることとなった。


「自分の子供」とはなかなか言いえて妙である。確かに十月十日とまでは言わないが、昨年の春に研究の種を脳内に身ごもってから、来月ようやく修士論文という形で産声を上げるのである。思えば提案手法が思いつかずに8月のあたりは親から「あんた顔怖いで」と言われるまでに悩んだこともあったが、なんとか出産まで漕ぎ着けれそうである。そういうことを考えながら、ではこうして生まれ来るであろう我が子にどういう名前をつけようか、と改めて思い返した時、やはりせっかくなので「とんがって」欲しいという思いがあったので、悩みに悩んだ結果後者のとんがった名前をつけることとなった。自分はとんがった生き方を避けているくせに子供にはつけようなんざ勝手である。


そして翌朝に再び同期の友人らと共に教授室を訪れ、その旨を伝えると教授は少々のコメントとともに納得してくれた。

その後も引き続き教授と世間話をしているときに、命名の話になった。自分の名前がどういう経緯でつけられたかという話である。僕の「康輔」は、父が熱狂的な徳川家康ファンであったためにどうしても「康」の字を使いたいという希望に、母が画数などを考えて「輔」という文字を添えてくれたことによる。もし僕が女に生まれていたら「康子」だったらしい。参考までに。
別に父は家康のように巨大な幕府を築いてくれなど、毛頭願っていないであろうが、なんとも大層な字を子供につけたものである。まぁ「輔」は元来助けるという補助的な意味を持つので、実際は家康の補助をする位置なのだろうか。


何れにしても、子の名前というのは親の願いが現れている、という傾向は大きい。僕がポケモンのアリゲイツにノブナガと名付けたのも、ドラクエモンスターズの主人公にトルシエと名付けたのも、ゆくゆくは天下の覇権を握って欲しい、世界を相手に戦って欲しいという願いの現れである。


まぁでも無事に題目も決まってよかったやれやれ、と思って教授室を出ようとした時、「ところで君たちは出産に立ち会ったことがあるかい?あれは尋常じゃないよ。やはり産みの苦しみというのかね。尋常じゃなかった。」と言ったので「へー、やっぱりそうなんですかー。」と適当な相槌を打っていたら、

「何を言ってるんだ。君たちもこれからその苦しみを味わうんだよ。修士論文という形でね。尋常じゃないよ?」


修論の締め切りまで後ちょうど3週間である。

2012年ブログ初め

2012年になったら毎日ブログを書こうと思ってたのに気がついたらもう10日。三日坊主も登場の機会すら与えてられていない状況。

まぁ本日研究会という名の火あぶりの刑をかいくぐって行きつけの定食屋初めをしたので、今日でようやく年が明けたと言っても何ら差支えの無いレベルではある。年始にすることといえばまずは抱負であろうということなので、それについて考えてみる。

今年はなんといっても18年という長い長い学生生活が終わる年。そして長い長い社会人生活の始まる年。修論に追われている正に今はそれほど実感も無いけれど、後一ヶ月もしないうちに修論を提出し、2ヵ月後には卒業旅行に行き、3ヶ月後には間違いなく僕は京都にいない。環境面でも、精神面でも大きく変化が訪れるであろう年。そんな一年の抱負を考える。

1:「超人」になる。

今年の研究室の書初めに書いた言葉。決して「人外」ではない。胸にでかでかと「S」の文字を付け、マントをヒラリと身に纏うスーパーマンなどでもない。これはもちろん研究に関してである。一時期「一番じゃなきゃダメなんですか」という言葉が流行ったが、研究の世界では一番でなければ意味が無い。今まで学生であることを良いことになおざりにしてきた、そういう世界で生きて行く「覚悟」を、改めて持ち直すという意味を込めて「人を超える」のである。

2:「人の賢さ」を見る。

昨年は東日本大震災を始め、日本のみならず世界に対して試練の多い年であったと言える。それに伴い目にするのは、数々の立場における「正義」を振りかざした「正論」の応酬であった。当事者意識が薄く、自分の意見を持たない僕は、それぞれの主義主張を正しく汲み取ることができなかったこともあり、ただ批判、非難をしているという印象を受けた。そういう人々を見るにつけて、発言の本質を理解することを放棄した僕はただひたすらに「愚かだなぁ」という勘違いも甚だしい感情を抱いていた。その時は全ての人の発言がそういうフィルターを通して聞こえるから怖い。そしてそのフィルターが産み出すものは、ただ陰鬱とした考えばかり。

というわけで、今年はそういう発言の中にも一歩踏み込んで積極的に「人の賢さ」を見つける姿勢を持とうと思う。それは言い換えれば、多くの「正義」の立場を知る、多くの価値観を知ることにもつながる。さらに人生ちょっと楽しくなるかもしれない。一石N鳥の効果である。ただし、Nは3以上の整数である。

引用は、某ぐまぐまなゲームのセリフ。

人の愚かさばかり見る、君の生き様に光明はあったかい?

3: 脱とりとめもない不安

いつだったか、目にした言葉に

全力で走る人に、不安はついていけない

というものがあった。これはなかなか上手く言い得ているなぁと感心したものである。去年の春頃、研究も上手くいかない、やりたいと思っていたプログラミングにも手を付けれてない、趣味も深めれてない、などなど中途半端な状態が続いた時期があった。その頃は毎晩布団の中で「自分はこのまま成長しないのではないか」というとりとめもない不安に苛まれたものである。

しかし、9月頃に研究にある程度の目処が立って、「とある国際学会の提出に向けて頑張りましょう」となって、それに向けて全力で取り組んだ2ヶ月はまったくもってそのような不安は出てこなかった。(もちろん、それまでにも研究には全力投球していたつもりだったが、より一点集中して研究した。)「僕はこれからどうなるんだろう?」という漠然とした不安を考える暇があったら、今取り組んでいる問題を「どうしたら解けるか?」ばかりを考えていて、不安が入る隙間が無かったと言える。僕の場合、とりとめもない不安が起きるのは概ね行動を起こしていない時である。もちろん、たまには自分の人生を憂いて不安に駆られることもあるし、そうなるのは大事だとも思うけど、不安が大きすぎるとその圧力に足が竦んで何も手につかないという状況は極力避けたい。

と、まぁ読み返してみると意外と意識高い学生っぽいこと書いてるけど、それはいわゆるネット弁慶であるだけで現実の僕といえば相変わらず冴えない大学院生ライフを満喫中である。この日記は研究会を終えた開放感と少々酒の力を借りたことによる産物であることに注意されたい。次の日記からはもう少し愛されゆるフワ脱力系ブログでも書くことにしよう。